1. 地域づくり応援団が行く
  2. 農業
  3. 棚田の稲刈り&台風19号について

棚田の稲刈り&台風19号について

こんにちは!集落支援員の田辺です。

この度の台風19号は日本各地で甚大な被害が報告されています。

長野県でも千曲川が氾濫し、長野市はじめ多くの地域に浸水被害がありました。

被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。



小谷村は、暴風雨には見舞われましたが、人的被害はありませんでした。

非常に恐ろしい台風19号ですが、実は棚田にも影響がありました。

遅くなりましたが、今回は台風の前と後の話をこのブログで書きたいと思います。

それは忘れもしない令和元年10月11日…。次の日は台風が来るという事で、はざかけの“はざ”が倒れないように“ロクサン除け”をしました。

※どうしても漢字が分からなくてネットで調べたりもしましたが、わかる人誰か教えてください!

年齢による体の部分的な厄除けを「六三除け」と言うらしいですが・・・そこから来ているのかな??

IMG_1105.jpg

“はざかけ”の支柱の真ん中にひもを通して固定します。

画像が分かりにくくてすみません…。

この補強をほぼすべての“はざ”達に施しました。

まあまあ疲れた。でも半日、いや2時間位で終わりました。

正直、この時ロクサン除けの大切さとか、あまり考えていませんでした。

こんなにいい天気だったし!

問題はここからだ!



その夜…台風19号襲来。

次の朝は家の裏から泥が出ていて集落総出で泥出しをしました。

それはそれで大変だったのですが、まあそれはいいです。

そしてその次の日…。

棚田のはざ倒れているの連絡( ゚Д゚)

はざが倒れるという事は、どういうことか、いまいち理解していなかった私…。

倒れているなら、また起こせばいいんじゃない?そのくらい、軽~く考えていました。

IMG_1128.jpg

なんとなんと、こんな悲惨な状態に・・・(涙)

ロクサン除けもむなしく、6竿ほど、倒れてしまっていました。

この倒れたはざかけ、どうやって元に戻すかというと、

まずは一旦竿から稲をすべて取り外します。

IMG_1126.jpg

そしてまた一から!稲を竿にかけていく作業…。

これを6竿分すべて…(涙)

もちろん田んぼの中はびちゃびちゃのドロドロ、稲も泥だらけです。

そしてかけ直した稲がこちら!!





IMG_1131.jpg

ドーーーン。(´゚д゚`)

なんかどす黒い…。しかし!お米は“籾“という玉子でいう所の”殻“に包まれておりますので、味や品質にまったく問題はありません!!

見た目は美しくないですが。

これでお米食べられないなんて、悲しすぎるので、とりあえずお米が無事で良かった(ノД`)・゜・。

あと、残念なのはこれで藁をだめにしてしまったこと。

藁に泥がつくとカビだらけになって、この後どんなに晴天が続いても、藁細工等に使うことはできません。(T_T)

お米をいただくにも、田植えから脱穀まで長い長いプロセスがあって、その間、獣害にもあわず、干ばつや大雨の被害にあわず、台風にも耐えて…って考えると、お米一粒に7人の神様がいる、の言葉の意味がまたまた身に染みて感じた出来事でした。

※ダメになった藁は来年2月の「中谷雪まつり」歳の神の一部としてありがたく燃やしたいと思います!

この後、修正した“はざかけ”は倒れることもなく、脱穀作業は問題なく終わりました♪

棚田オーナーの皆様へはすでにお米が届いていると思いますが、今回の棚田米は試練を乗り越えた勇者たちの集まりです!

一粒残らず食べつくしちゃってください!




※来年度小谷村の棚田オーナーになっていただける方は
小谷村役場 観光振興課 農林係までご連絡をお願いします↓
TEL:0261-82-2588




新着