1. 地域づくり応援団が行く
  2. 観光
  3. 小谷白馬コルチナスキー場バックカントリー

小谷白馬コルチナスキー場バックカントリー

*バックカントリー、ツリーラン動画(2月25日)「白馬コルチナスキー場」近く

*バックカントリー、ツリーラン動画(1月末)新雪は浮遊感タップリ



こんにちは。小谷(おたり)村
地域おこし協力隊員の米村です。

今回は、白馬コルチナスキー場の他にはない良い所を紹介します。

ここ白馬コルチナスキー場スキー場は、コース外を「自己責任エリア」として開放されています。

良い所:自己責任であるが、「バックカントリー、ツリーラン」が楽しめる

降りたての新雪、誰も滑っていない斜面を滑る気持ち良さ、自然のままの山を滑る楽しさを求める人達が

増加しています。

「バックカントリー、ツリーラン」の楽しさは、いろいろ沢山ありますが、私が好きな理由は、

喧噪から離れて、雪を踏みしめる音だけを聞きながらまっさらなパウダースノーを滑る浮遊感でしょうか。

体が浮くと思わず声(叫び声です)がでてしまいます。

小谷、白馬地区には、そんな楽しさを求めて世界中からスキーヤー・スノーボーダーが訪れます。

白馬コルチナスキー場は、リフトを利用し少ないハイクアップ(登り)で楽しむことが出できる、

「バックカントリー、ツリーラン」に理解のあるスキー場です。

以前は、「山スキー、山岳スキー」と言っていたように、「バックカントリー、ツリーラン」は冬山登山と同じ、

ありのままの雪山を滑るということです。

当然ながら、冬山雪山の危険と隣り合わせ、充分な準備と装備は必須です。

また、地形や自然を熟知したガイドの同行、単独行ではなくパーティでの入山が基本です。

(小谷村には、多くのガイドがいます。)

春山のシーズンが始まります。スキー場近くの「バックカントリー、ツリーラン」エリアや

北アルプスの登山スキー・登山スノーボードはこれからです。

自分の足で登り大自然の雪山を滑走する。実際にやってみると純粋に達成感を感じます。

病みつきになりますよ。

(ご参考)

白馬コルチナスキー場ホームページ、スキー場と自己責任エリアの境界には、以下の注意が記載されています。
*白馬コルチナスキー場HPより抜粋

自己責任エリア(コース外)について

ありのままの自然と極上のパウダースノーをお楽しみいただくために、コース外を「自己責任エリア」として開放しております。
以下内容にご留意いただき、お客様自身による安全対策をお願いしております。

■自己責任エリアは安全管理を行っておりません。
Areas beyond the ski slopes are not patrolled or maintained.

■自己責任エリアはたいてい急な雪崩地形であり、様々な印の無い危険が存在します。
それは岩、崖、木、切株、人工工作物、雪崩跡、変化する雪のコンディションなどで他にも様々あります。
またコース外での救助活動は非常に時間がかかります。
There are many hazards out of bounds, bare spots, rocks, stumps, trees, collisions with natural objects, man-made objects.
Rescue operation out of bounds, if available, will be may take time.

■単独での滑走は非常に危険です。
We recommended you not to go off by oneself out of bounds.

■自己責任エリアの最終下山確認作業は行いません。
The patrollers would not check out of bounds area at the end of ski resort operation.

■滑走される方は自己責任において行動してください。
You need to be responsible and always stay in control.

■自己責任エリアで事故が発生し、スキー場パトロールが捜索救助活動を行う場合、
スキー場は当事者に実費を請求します。
You are responsible for the fee of search and rescue operation at any out of bounds areas.
All expense will be charged.

自己責任エリアの標識
写真1.jpg

先頭のガイドは、エアバック付ザック(雪崩対策)を装備
写真2.jpg

必須装備「アバランチキット」(ビーコン、ショベル、プローブ)
写真3.jpg

ウインター・スポーツ好きな人たちと、粉雪舞う小谷村のスキー場でお会いしましょう。

栂池高原スキー場 : http://www.tsugaike.gr.jp/

白馬乗鞍温泉スキー場 : http://www.hakuba-alps.co.jp/ski/

白馬コルチナスキー場 : http://www.hgp.co.jp/cortina/ski/

新着